平成18年から保健所の猫の引取りを始めました。

当時、既存の団体さんからは「保健所の猫は全部殺処分しろ」と言われました。

その時、公園にいる猫は助けて、保健所に入れられた子は殺処分しろということが納得できませんでした。

1200頭から1300頭が毎年殺処分されていて、猫の活動は行われていても、保健所の殺処分とは関係のないものでした。

10年やってきて、やっと殺処分をゼロになどという言葉が出せるほど、殺処分数が減りました。

これは、保健所職員とこねこの会が一緒になってやってきた成果です。

たとえ、どんなに殺処分数が減っても私たちの活動に終わりがきません。

いつも考えているのは、不幸な猫が減ること。

人間の勝手で殺処分される子がいなくなること。

そのための第一歩が不妊手術です。

譲渡した猫たちの100%の不妊手術の結果が、殺処分数を減らしたのです。

飼い猫の不妊手術をきちんとしておけば、多頭崩壊も起きないのです。

外で餌をやっている猫たちも、不妊手術をしてあげてください。

 

里親募集中の子を紹介しています。

気になった子がいたらまずは会いに来てくださいね。

写真だけでなく、実際に会ってから、家族になる子を決めてください。

≪条件≫

・家族全員が賛成していること

・ペット可の住居にすんでいること

・終生飼養が可能なこと

・完全室内飼いできること

・健康管理をして必要な治療をきちんと受けさせること

・子猫で譲渡した場合、必ず不妊手術をすること

  ワクチン代、不妊手術代をいただいています。

 

≪お願い≫

譲渡後の様子を教えていただけるとボランティアは安心できますのでお願いします。

ボランティアさん募集しています

   シェルターで猫のお世話をしてくださる方

   ミルクママ(ミルクの必要な子猫のお世話)

   

松本保健所 猫の殺処分数

平成29年度   18匹

平成28年度     16匹

平成27年度   51匹

平成26年度  102匹

平成25年度  169匹

平成24年度  165匹

平成23年度  270匹

平成22年度  296匹

平成21年度  545匹

平成20年度  647匹

平成19年度  966匹

平成18年度 1003匹 この年18匹の仔猫を引取始めたときから活動を開始

平成17年度 1312匹

ご支援のお願い


ゆうちょ銀行
記号 11130
番号 41839041
名義 こねこの会

 

ミルク代、治療費、手術代、砂代、ペットシーツ代、餌代など猫たちのために必要な費用です。

よろしくお願いいたします。

不妊手術で不幸な子をなくす

何よりも不妊手術の実施です。

 

保健所に持ち込まれる乳飲み子は、

手術さえしておけば無くなります。

 

そして、近所とのトラブル防止にもなります。

 

外の子でも餌をやっていれば飼い主です。

一匹の時に手術をすれば一回で済みます。

 

© 2023 by Nature Org. Proudly created with Wix.com

This site was designed with the
.com
website builder. Create your website today.
Start Now